沖縄に嫁いで台風の経験

最近、台風が非常に多く大きな被害をもたらしているようです。
私は台風で備えをするという習慣がなく、沖縄にお嫁に来ました。

今年の春に沖縄出身の夫と結婚したのですが、毎回台風にはびくびくするようになってきました。

以前、私は本州の都会に住んでいたので、台風で停電すると言うことはよっぽどのことでした。
なので、沖縄に引越してきてからびっくりするような事が結構いっぱいありました。
それがこの「台風対策」なのです。

台風は沖縄から本州に移動するまでに勢力を弱めるそうで、沖縄では猛烈な台風でも本州では大雨、洪水警報が発令されるくらい。
そして、停電はほんの一部の山岳地帯のような地域でした。
でも、沖縄はまだまだ台風が発達しているところなので、風も雨もとても強いです。

また、台風の過ぎ去ったあとにもすべきことがあります。
それは「塩を流す」ことです。
沖縄は海で囲まれた細長い島なので、台風によって風で拭いてきた海水が家や車、エアコンの室外機などにびっしりとついています。

台風後には車を綺麗に洗車することで塩害を免れます。
それでも台風の後の海は非常に綺麗です。
汚いものをすべて雨と風が洗い流してくれたように澄み渡る青の海は現地にいる私でも初めの頃うっとりしました。
沖縄は自然とともに共存している土地です。

自然を綺麗に保ちつつ、に共暮らしている土地です。
沖縄の人たちの人柄にもそれはにじみ出ていて、お嫁に来てまだ半年ほどですがよかったなと実感しています。
沖縄に旅行に来る時には台風シーズンを避け、安全に旅行できることを確認してから、たくさんの人に沖縄の良さを知って欲しいと思います。

«
»